『結婚』という2文字を思い浮かべた場合、あなたはどんなイメージを持たれますか?ここでは結婚しなかった場合のデメリットについてお話していきたいと思います。

■ 独身のまま高齢者になる
今、これを読まれている方がおいくつなのかはわかりかねますが…30代40代くらいの独身の方々でしたら、まだ先の話とお思いかもしれません。
気が付いていらっしゃるか片も多いかもしれませんが、年をとる毎に月日が経つのが早く感じられているのではないでしょうか。
仕事がある内はまだいいのかもしれません。

しかし、定年になり仕事をしなくなり完全な1人となる機会が増えれば増えるほど孤独に耐えれなくなっていきます。

■ 病気や怪我
高齢の独り暮らしはとても危険です。
脳梗塞や心筋梗塞など、一刻を争う病に倒れた場合、助けてくれる人はいませんので、致命傷になりかねません。
実際、高齢の方の孤独死は増加傾向にあります。

また、高齢に関わらず働き盛りの30代40代男性の孤独死は近年急増しています。
比較的若い方ですと自殺も含まれますが、平均寿命が男性の方が短い理由として、40代50代でも病に倒れてしまう方が多いのです。

■ 経済的に困窮
仕事があるうちは特に気になることもないかもしれません。
しかし、年金暮らしとなった場合は入ってくる収入が年金のみになりますので、働いていた頃のような生活を送ることは難しくなってくると思います。

■ 社会から孤立
独身・既婚に問わず、男性は定年をむかえ仕事をしなくなると老け込んでしまうようです。
ですが、独身の場合は既婚の方よりももっと深刻で社会とのつながりがなくなってしまうことから、外に出歩くということを極端にしなくなってしまうそうです。

つまり、社会とのつながりを持たない=完全な孤独状態となってしまい、寂しさから生きている意味を見つけられず自ら命を絶ってしまうということも少なくないようです。

■ 婚活しよう!
行動しなければ何も変わりません。
手始めに出会い系サイトで恋人を探してみるなどの行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

関連ページもチェック

    None Found