結婚なんて興味が無いという人が急増されているようです。
確かに、今現状でもやっと生活できているレベルなのに、養わなければならない人が増えると考えると男性は頭を悩ませることでしょう。
女性の場合も仕事が楽しく恋愛なんてしている暇が無いという人もいるでしょう。
今よりも苦しくなるかもしれない、今が楽しければそれでよい…そういう生き方も人それぞれですしいいのかもしれません。
本当にそれで良いのでしょうか?仕事の忙しさや将来の不安を言い訳にして恋愛から目を背けてはいませんか?本当は恋愛したい!恋人が欲しい!と、思っていても現状が変わってしまうという不安によって1歩が踏み出せずにいるだけの方も多いように思われます。
また、独身で高齢となった場合、アナタの唯一の家族であるご両親はまず間違いなくこの世にはいないでしょう。
アナタを気遣ってくれる人は誰もいなくなってしまうのです。
同級生や友達がいれば寂しくなんてないと思われるかもしれませんが、その同級生や友達も家庭を持ってしまうと会うこともままらなくなってしまいますし、連絡すら取れなくなってしまうということも少なくありません。
つまり、アナタを最優先にしてくれる人が誰もいない状態のまま生涯を終えてしまうということです。
会社の上司になったとしても、結局それは建前社会での付き合いであり、本心でぶつかってきてくれる人なんていません。
本心でぶつかってきてくれる人がいたとしても、それは仕事上のことでありプライベートとは一切関係ありません。
将来、自分が老人になった際に寂しいから結婚をしよう!自分を最優先にしてくれるパートナーを探すために婚活をしよう!というわけではありませんが、生涯を共に過ごせる相手がいるということはとても素晴らしいことなのです。
今の自分は出会いが無い…そうお思いでしたら、まずは出会い系サイトで恋人探しをしてみるなど、自分ができる範囲内で行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

関連ページもチェック

    None Found